幅の広さを見て悩む

写真が趣味-1番落ち着く所- > 教育 > 幅の広さを見て悩む

幅の広さを見て悩む

2014年10月 2日(木曜日) テーマ:教育

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを売り買いして収益を生み出す取引です。

 

売買の注文の値段は、二十四時間変化しています。

 

これが為替相場です。

 

テレビを見ていると通貨の為替レートの話題が流れるケースがあります。

 

見かけるのが、「ドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを言い表しています。

 

外為取引には買いと売りの2つの値段があります。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX取引会社もあります。

 

いつもは売値が低い値段に設定されるものです。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

この差額をスプレッドといいFX業者の収入となっています。

 

スプレッド幅はFX会社によって異なります。

 

スプレッドの広さはあなたにとって経費になるので、低いFX取引会社をセレクトするほうが得です。

 

ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドは変わります。

 

例えば通常はドル円の組合せで1銭のスプレッドだとしてもレートの変化がかなり激しい場合には1銭よりも大きくなったりする状況があります。

 

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同時に変化が小さいのが重要です。

この頃では固定でスプレッドの幅を提示する取引業者もたくさんあります。

 

実際にFX会社の注文画面で本当のマーケットを確認しなければ区別できないので億劫ですが、重要な事です。

 

重要な財産を投入して取引をしますので、現実の売り買いの前に、心惹かれた業者の口座開設を試して、表示されているスプレッドの差を点検しましょう。

 

同じ通貨の組合せそのときの市場の状況によって、通貨ペアのスプレッド幅は異なることがあります。

 

一般的には、インターバンクで取引量の多いペアではスプレッドが小さくそれ以外の通貨ペアでは大きくなる傾向にあります。

 



関連記事

幅の広さを見て悩む

幅の広さを見て悩む

2014年10月 2日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)